トップ  > 五輪への道  > 2020年 東京五輪

B.B.BOOSTERからのお知らせ


facebookページ


お願い

セキュリティーソフトの働きで、ご連絡のメールが迷惑メールフォルダやゴミ箱などに分類される例が報告されています。
返信の届かない方は、メーラーの設定の御変更やスパムメール扱いになってゴミ箱へ入っていないか等のご確認をお願い致します。

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
有限会社エフ アンド エス


〒 811-3103
福岡県古賀市中央2-8-35

  • 電話:092-944-0861
  • FAX:092-944-0810

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

2020年 東京五輪


東京都庁で行われたエンブレム発表会(写真:田村翔/アフロスポーツ)

台風も梅雨ね過ぎ、夏本番ですね!
先日は2020年東京五輪の正式マークが
決定したニュースがあっていました。

前回の東京五輪のマークもシンプルで
評価が高かったそうです。

さて、よくクイズなどでも登場するのですが、
前回の東京五輪で初めて採用されたものは何でしょう??
今では当たり前によく見るものです。


答えは「ピクトグラム」。
「トイレ」や「非常口」など街でよく目にする図記号です。

日本で初めてつくられたのは50年前の
東京オリンピックの時でした。
当時はまだ海外に気軽に行ける人も少なく、
海外の方とのコミュニケーションを補うために
開発されたといいます。
1964年の東京五輪では、オリンピックマークや
このピクトグラムなどのデザインでも
高い評価を得たのだそうです。
日本人はこのようなシンプルなデザインというのは
得意なのかもしれません。

一説によると、「家紋」の存在が大きいそうです。
日本は、もともと各家に家紋があります。
お盆の提灯などで見ることが多いと思います。
または紋付袴w

家紋に代表される紋章は、植物や動物、日用品まで
色々なものがデザインされていたそうです。
街でよく見るトイレのマークも伝統の一貫だったのですね。

 

at 2015/07/27 15:34:14