トップ  > 五輪への道  > 小学生から世界基準!

B.B.BOOSTERからのお知らせ


facebookページ


お願い

セキュリティーソフトの働きで、ご連絡のメールが迷惑メールフォルダやゴミ箱などに分類される例が報告されています。
返信の届かない方は、メーラーの設定の御変更やスパムメール扱いになってゴミ箱へ入っていないか等のご確認をお願い致します。

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
有限会社エフ アンド エス


〒 811-3102
福岡県古賀市駅東2-14-30 竹山ビル1F

  • 電話:092-944-0861
  • FAX:092-944-0810

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

小学生から世界基準!


今春はバスケット競技においては
タスクフォースの件もあり、
様々なルール改正が行われています。

先日ユニフォーム規定の改正について
触れましたが、今日はアンダー世代の
ルール改定の目玉!
ミニバスケットボールでの
ゾーンディフェンス禁止についてです。

正式にはいつから導入されるのかは
決定していないようですが、先日開かれた
福岡県の審判講習会では、発表があったそうです。

もともと、3月4日に開催されたタスクフォースの
第2回会議の席で

「技術に関して、日本のバスケットボール界最大の問題は
15歳までは基礎的な技術を学ばなければならない
年代ですが、この年代でゾーンディフェンスという
システムを遵守しているので、1対1の対応が出来なく
なっていることです。
世界の大半の国では、16歳以下は
ゾーンディフェンス禁止が適用されています。

まず、小学校、ミニバスケットボールに関しては
FIBAのルールでもゾーンディフェンスは
禁止ですので、今後進めていくと聞いています。

しかし、中学ではルール上禁止ではないので
力を入れて強化の一貫としてしっかりと
徹底していく必要があると思っています。」

と答弁されていました。


世界基準では禁止されていたと言う事を
恥ずかしながら、知りませんでした。

ただ、個人的に考えてしまうのは、
6年という学年があるなかでの
体格差、体力差でしょうか。

こちらは様々の議論があるようです。

多くの指導者の方はこの体格差を
埋めるために、ゾーンディフェンスの指導も
されているのかなと思っています。
それが一部では=(イコール)勝ち・成果への
こだわりと取られる事もあるかも知れませんが
ケガへの配慮もあるのかなとも思います。

中学でも高校でも続けて行くためには
ケガは無い方が絶対に良いと思います。

体格差については学年で分けても
同じ6年生でも170cmを超える子もいれば
130cmぐらいの子もいるので何とも言えないのかも
知れません。

将来その子達がどのくらい伸びるのかもわかりません。
6年生で170cmある子も、もしかすれば
175cm程で止まってしまうかも知れません。

そのような意味で、より個人の能力を
伸ばしましょうというのが今回の決定なのかな
と思っています。
 
at 2015/04/24 14:01:42