トップ  > 五輪への道  > 日本代表男子 過去最高成績

B.B.BOOSTERからのお知らせ


facebookページ


お願い

セキュリティーソフトの働きで、ご連絡のメールが迷惑メールフォルダやゴミ箱などに分類される例が報告されています。
返信の届かない方は、メーラーの設定の御変更やスパムメール扱いになってゴミ箱へ入っていないか等のご確認をお願い致します。

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
有限会社エフ アンド エス


〒 811-3103
福岡県古賀市中央2-8-35

  • 電話:092-944-0861
  • FAX:092-944-0810

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

日本代表男子 過去最高成績

7月1日~9日で開催されていた「FIBA U19バスケットボールワールドカップ2017」では過去最高の10位という成績を残しました。
U-19と言えば東京五輪では主力になるであろう年代ですね。

これまで男子代表では、どの年代のチームでも世界トップクラスと互角に戦っているところを見た記憶もありません。
世界大会に出ること事態が快挙と言ってよいほどで、接戦に持ち込むことすらできないという現実がありました。
「世界を相手に良い経験ができた」というコメントは見かけていましたが、実際には次の大会では予選落ちで出場すら出来ないという・・・

U-19は、去年開催のFIBAアジア U18バスケットボール選手権で準優勝し、ワールドカップの出場権を獲得していました。
大会は、参加16チームが4チームずつのグループで総当たり戦を行い、その成績で決まったトーナメントを戦う形式です。

日本はグループC組で、スペイン、カナダ、マリとの対戦です。
今までの経験から、3敗し次のトーナメントでは強国(今回はアメリカ)と対戦し下位の順位決定戦に回る、と言うのが大方の予想だったようですが、それを避けるために2試合目のマリ戦で必ず1勝することを目標に対策を進めていたそうです。

目標を達成した日本は3位通過で、トーナメントの相手はイタリアに決まりました。
イタリアに勝てば初のベスト8です。

結果から言うと、イタリアは決勝まで進み準決勝の成績でした。
しかし、今までの大差での完全敗北ではなく、惜敗となった試合で、残り16秒から5点差を追いつくミラクルも起こしました。
U-19の選手たちがそのまま代表の強さになるわけではありませんが、準優勝のイタリアと互角に戦えたことは今までの代表では考えられなかったことではないでしょうか。東京五輪へ向けての大きな1歩かもしれませんね。

http://fibau19wcmen2017.japanbasketball.jp/ 大会結果はこちら

at 2017/07/13 18:15:32